ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

AI搭載の小型動物ロボットで認知症の未病改善へ

神奈川県「さがみロボット産業特区」

2019年07月11日、総合ロボティクスカンパニーの株式会社ハタプロは「AIを用いた認知症の未病改善システムと小型動物ロボット」を開発したことを発表した。

併せて、神奈川県における「さがみロボット産業特区」に関する取組のうち、介護・医療分野において令和元年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」に採択されたことを報告した。2019年秋から高齢者個人宅や医療・介護施設等にて検証が開始される予定だ。

公募型『ロボット実証実験支援事業』に採択

同事業に採択された認知症の未病改善セラピー小型動物ロボット(株式会社ハタプロ)は、手のひらサイズのAI搭載対話型ロボットだ。ロボットと対話することにより脳トレ等を可能とするコンテンツを数多く搭載している。さらに、タブレット端末との組み合わせにより視覚的な情報提示も可能だ。

同事業では、介護施設用業務支援システム(株式会社インフィック・コミュニケーションズ)、上肢障害者向けMixed Realityリハビリテーションシステム(株式会社シャンティ・北里大学医療衛生学部)、リハビリロボット(株式会社パワーアシスト研究所)、介護スタッフの周辺業務お助けロボット(丸文株式会社)の4件が同時に採択された。

株式会社ハタプロは、AIの開発およびIoT機器の開発・製造・販売を行う会社で、コミュニケーションロボットを得意とする。AIの育成を通じて新しい価値を創世し、AIとIoTによって次の時代を作ることを目標に掲げている。

▼外部リンク

株式会社ハタプロホームページ
https://hatapro.co.jp/news/190711sagami/

神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/prs/r4455723.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ