ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東洋紡、サウジアラビア海水淡水化公団と覚書を締結し共同実証実験を開始

中東地域では、海水から飲料水を作り出す海水淡水化プラントが多く稼働

2019年10月31日、東洋紡株式会社(以下、東洋紡)は、同社の連結子会社であるアラビアンジャパニーズメンブレンカンパニー有限責任会社(Arabian Japanese Membrane Company, LLC)とともに、サウジアラビアの海水淡水化公団(Saline Water Conversion Corporation)と、海水淡水化プラントから排出される濃縮海水を効率的に利用する新しい膜技術の実用化に向けた共同実証実験の実施に関する覚書を、10月9日に締結したと発表した。

雨水や地下水に乏しいため、海水から飲料水を作り出す海水淡水化プラントが多く稼働している中東地域のなかでも、サウジアラビアは、人口増加や経済成長に伴い、プラントの需要が旺盛で、東洋紡は、1980年代から海水淡水化プラント用として中空糸型逆浸透膜(以下、中空糸型RO膜)を供給してきた。

このようななか、高濃度の海水を処理するための新しい膜技術の実用化に向けた共同実証実験(以下、同実証実験)を実施することとなった。

共同実証実験の概要

同実証実験で実用化を目指すのは、「ブライン(塩水)コンセントレーション(濃縮)膜」(以下、BC膜)と呼ばれる膜技術で、海水淡水化プラントで真水を製造する過程で排出される濃縮海水を、希釈された海水とさらに高濃度な濃縮海水とに分離できる。

この際、希釈された海水は、海水淡水化プラントで再利用して造水量を増加できる一方で、高濃度の濃縮海水からは、蒸発・結晶化工程を通じて、効率的な有価物の回収が可能になると期待される。

このため、濃縮海水を余すことなく再利用する無排水化の実現が図られるとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東洋紡 ニュースリリース
https://www.toyobo.co.jp/news/2019/release_639.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ