ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

高齢者向け見守りサービスの実証事業に関する連携協定を締結

地域全体で高齢者などを見守り・支える仕組みづくり

2020年2月12日、青森県むつ市、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)およびNTTレゾナント株式会社(以下、NTTレゾナント)は、通信SIMを内蔵したLED電球(以下、IoT電球)を用いた「高齢者を対象とした見守りサービスに係る実証事業の連携協定」(以下、同協定)を締結したと発表した。
少子高齢化が急激に進展するとともに、地域コミュニティが希薄になりつつあり、一人暮らし高齢者の生活状況を十分に見守ることが求められている。
そこで、同市は、高齢者などが住み慣れた場所で安心して暮らし続けられる地域づくりを目指し、地域全体で高齢者などを見守り・支える仕組みを構築するために、市内115の事業者と「むつ市高齢者等見守りネットワーク」に関する協定締結を進めている。
一方、NTT Comは、中期経営戦略として、ITで世の中のさまざまな社会課題を解決していく「Smart World」の実現を推進している。
このようななか、NTT Comは、NTTレゾナントが展開するIoTサービス「goo of things」を活用したIoT電球による高齢者見守りサービスを提供し、同市の「笑顔かがやく希望のまち むつ」の実現に貢献していくとしている。

実証事業の概要

NTT ComとNTTレゾナントは、同市に在住する一人暮らしの高齢者宅(25世帯)に、「goo of things でんきゅう」(以下、同サービス)を提供し、利用実態の調査と効果を測定する。
同サービスは、IoT電球を活用した高齢者見守り機能の一つで、トイレなど毎日利用する場所に設置したIoT電球経由で電球の点灯記録をクラウドへ送信し、データを蓄積・解析する。
さらに、家族や行政職員などは、「goo of things」アプリにおいて任意に指定したタイミングで、アラート通知をスマートフォンに受け取り、高齢者宅への訪問や電話連絡することができるため、見守り活動が効率化される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NTTコミュニケーションズ株式会社 ニュースリリース
https://www.ntt.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS