J-GoodTech新規登録はこちら

神戸市で災害情報の実証実験を実施

神戸市で災害情報の実証実験を実施

ラジオ放送を起因として、災害情報を発信

2020年1月10日、TOA株式会社は、神戸市、株式会社ラジオ関西、株式会社日立ケーイーシステムズと共同で、「ラジオ放送と放送設備・デジタルサイネージを連携させたシステム」の実証実験を1月17日に行うと発表した。
神戸市内のハーバーランド地下街と三宮地下街「さんちか」2か所同時に実施し、災害発生時にラジオ放送を活用し、情報の発信が行えるかの検証を行う予定である。

インターネットが不通でも災害情報配信が可能

今回の実証実験では、災害発生時に既存のインターネットが使えなくなったことを想定している。
本システムは、ラジオ放送の音源にID信号を埋め込むことで、各地域の放送設備を起動させるが、AMでもFMでもどちらでも発信が可能である。
次に、放送設備と文字や画像で表示するデジタルサイネージを連携させることで、文字放送が可能になる。
なお、この文字放送により多言語対応とすることができ、訪日外国人などに情報提供することが可能となる。

神戸市は津波避難訓練を毎年行っている

1月17日ということで25年前の阪神大震災を教訓にしているが、同時に神戸市は海岸から近い場所に存在する都市である。
津波による被害を考え、スマートフォンなどのインターネットが使えなくなった状況でも、地下街にいる人たちに避難を呼びかけることができるとして注目されている。
実際に毎年1月17日には、ハーバーランドや神戸駅周辺では津波避難の誘導訓練を行っており、有効に活用されることが期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TOA株式会社
https://www.toa.co.jp/news/2019/200110.htm

すべてカテゴリの最新記事