J-GoodTech新規登録はこちら

JAL、離島空港間で無人ヘリコプターによる貨物輸送実験を実施

JAL、離島空港間で無人ヘリコプターによる貨物輸送実験を実施

新たな航空貨物需要を開拓

日本航空株式会社(以下、JAL)は、長崎県の自治体などと協力し、同県内の離島空港間において、無人ヘリコプターによる貨物輸送実験を2月18日に実施した。さらに、2月19日には、無人ヘリコプターによる離島間輸送と、JAL便での航空貨物輸送を組み合わせ、同県新上五島町で朝収穫された鮮魚を同日内に東京都内のレストランまで輸送する実験を実施した。
JALは、空の移動に係る安心・安全運航のノウハウを活用し、ドローンや空飛ぶクルマといった次世代エアモビリティの運航プラットフォームの構築を目指している。
このようななか、大型の無人航空機が開発されていくことを視野に、事業化の可能性を探っていくとしている。

実験の概要

2020年2月18日に実施した実験では、保冷容器に医薬品を想定した模擬貨物を入れ、冷温を保ったまま、上五島空港と小値賀空港の間(往復で、約46km)を、無人ヘリコプターで輸送し、温度計測データを使い輸送中の温度などを確認した。
なお、使用した無人ヘリコプターは、ヤマハ発動機株式会社の「FAZER R G2」(JUAV 工業会による機体認定済)で、主な仕様は、機体本体重量80kg・最大離陸重量110 kg・航続距離90km・積載重量35kgで、航続時間100分・最高速度時速72kmであり、燃料はレギュラーガソリンだ。
また、2020年2月19日に実施した実験では、上五島産の朝獲れ鮮魚(クエなど約20kg)を上五島空港から九州本島(西海市崎戸)まで無人ヘリコプターで運び(約35km)、長崎空港まで陸送した。
さらに、同空港を出発する日本航空便(JL610便、12:45発)で羽田空港(14:20着)まで空輸し、都内レストランまで輸送した。この間、温度計測データを使い輸送中の温度などを確認している。
なお、海上飛行の間は、静岡県のヤマハ発動機都田事業所より衛星通信経由で遠隔操作し、離陸および着陸の際には現地で操作した。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本航空株式会社 プレスリリース
https://press.jal.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事