J-GoodTech新規登録はこちら

パイオニア、「3D-LiDAR センサー」の量産モデルを開発

パイオニア、「3D-LiDAR センサー」の量産モデルを開発

自動運転レベル3以上の自動運転に不可欠

2019年12月19日、パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社は、「3D-LiDARセンサー」(以下、同センサー)の量産モデル(以下、2020 モデル)を開発したと発表した。

同センサーは、レーザー光を照射して、物体を検知するとともに正確な距離を測定する装置で、自動運転レベル3(条件付き自動運転)以上の自動運転を行う際には、車周辺の状況をリアルタイムで立体的に把握するために不可欠なデバイスであるとのこと。

3D-LiDAR センサー(2020 モデル)の特長

2020 モデルでは、半導体製造技術を応用したMEMSミラーによるスキャン方式により、サイズを大幅に小型化するとともに、計測可能距離を大幅に伸ばすなど、高性能化を実現した。

また、「Short Range」、「Medium Range」、「Telescopic」と、画角と計測可能距離の異なる3種類のタイプを揃えており、ユーザーのニーズに応じたシステム設計が可能だ。

さらに、一体構造とすることで、小型でかつ高い耐久性を備えており、車載用だけでなく、交通監視用途、船舶、農業・建設機械、ロボットなどでの活用も期待される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

パイオニア株式会社 ニュースリリース
https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/2019/pdf/1219-1.pdf

すべてカテゴリの最新記事