ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

パナソニック、ディープラーニングを応用した顔認証技術のAPIを提供開始

注目される顔認証技術を用いた本人確認

2019年11月25日、パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社は、ディープラーニングを応用した顔認証技術(以下、同顔認証技術)のAPI(以下、同API)を提供開始すると発表した。
近年は、ICT(情報通信技術)が進展するに伴い、物流など両手がふさがる状態で移動が必要な業種や、複数の拠点での入退管理などにおいて、顔認証技術を用いた本人確認が注目されている。
このようななか、同社は1990年代初頭より顔認証技術の研究開発を開始し、空港での本人確認や、遊園地などにおけるチケットレス入退場など、安心・安全・効率化に貢献する顔認証ソリューションを提供してきた。

ディープラーニングを応用した顔認証技術の特長

同顔認証技術は、複数のディープラーニングを融合して顔全体と顔詳細を把握する「特徴量生成手法」と、撮影環境に応じて誤りを抑制する「類似度計算手法」を組み合わせた同社独自のアルゴリズムを用いている。
このため、斜め顔、低解像度、経年変化、照明の明暗が強い環境や、サングラス・マスクなどで顔の一部が隠れているような状態など、難易度が高い顔画面を高速で照合できる。
また、同APIによりクラウドベースで同顔認証技術を呼び出すだけで利用でき、顧客のスマートフォン向けアプリ、ウェブサイトやシステムなどに、同顔認証技術を簡単に組み込むことができるため、複数箇所での入退管理、フィールドワーカーの点呼や、「なりすまし」などの防止にも簡単に活用できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パナソニック株式会社 プレスリリース
https://news.panasonic.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ