J-GoodTech新規登録はこちら

SBドライブ、全天候型自動運転バスを開発したフィンランドの会社と協業

SBドライブ、全天候型自動運転バスを開発したフィンランドの会社と協業

ヨーロッパおよび日本で自動運転バスを普及させる

2020年1月15日、SBドライブ株式会社(以下、SBドライブ)は、全天候型の自動運転バス「GACHA(ガチャ)」(以下、同自動運転バス)を開発したフィンランドのSensible 4 Oy(以下、Sensible 4)と協業すると発表した。
両社は、協業を通して、同自動運転バスとSBドライブが提供する自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」(以下、同プラットフォーム)を連携させ、フィンランドの公道で運行させる予定だ。
また、Sensible 4のCEOは、
「自動車産業に新たなソリューションを提供し、“移動“を変革させることを目指す」
と述べており、両社は、ヨーロッパおよび日本で自動運転バスを普及させるとしている。

あらかじめ設定したルートを自動走行することが可能な車両「GACHA」

同自動運転バスは、センサーを活用して自車位置を高精度に推定するとともに障害物を検知して、大雨・雪や霧などの悪天候にも影響されず、設定されたルートを自動走行できる車両だ。

自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher」

同プラットフォームは、車両内外のカメラ映像で乗客の様子や走行中の道路状況を確認でき、乗客の着座前発進や走行中の車内移動などをAIで検知して、遠隔監視者や乗客に注意喚起する機能を備えている。
さらに、過去に発生した注意喚起の箇所や回数を地図上で確認して運行ルートや車両設定を改善する機能や、遠隔地から出発地と目的地を指定して走行指示を出す機能などもある。
なお、SBドライブは、今後も同プラットフォームをさまざまな自動運転車両の運行管理・監視に利用できるよう開発を進めていくとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SBドライブ株式会社 プレスリリース
https://www.softbank.jp/

すべてカテゴリの最新記事