ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東京工業大学が、熱電気化学発電新技術を開発

物体を冷やしながら発電する

2019年11月18日東京工業大学は、「強制対流冷却」と「熱電気化学発電」という、別々の技術を統合することで新技術を開発したと発表した。
簡単に言うと「物体を冷やしながら発電する」ということになり、すでに実証実験で成功している。

熱で発電できるという発想

温度差があり熱流が発生する場所であれば、理論上は発電が可能である。
それは、よく知られている既存の個体熱電変換技術(ゼーベック熱電素子)によるものであるが、今回は液体の熱により発電するものである。
熱を持った液体を冷やしながら流すことで、急激な温度変化が起きる。
この急激な温度差が生じる層を利用することで、温度差から設置した電極間に起電力を生じさせるものである。

熱を捨てる冷却からの脱却

これまで冷却は、余分な熱の排熱として行われていたが、設備や装置などが効率よく動くためには必要不可欠なロスという認識であった。
ロスとしてしか見られなかったため、そのまま排熱することは当たり前の行為であり、特に関心も持たれなかった。
しかし、近年発熱を捨てているだけでなく、何かに利用できないか?という考えを持ち始め、有効利用に向けて様々な研究が始まっている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京工業大学
https://www.titech.ac.jp/news/2019/045598.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS