ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

理化学研究所などが、統合失調症と硫化水素の関係性を発見

硫化水素の過剰発生が統合失調症の度合いに影響

2019年10月28日理化学研究所、日本医療研究開発機構、筑波大学などが共同で、脳内の硫化水素の過剰発生が統合失調症の重症度に関係していることを発見した。

ヒト由来の試料を用いた実験では、統合失調症患者は脳内での硫化水素が過剰に発生しており、増加に伴い重篤な状態に陥ることが確認された。

なお同時に、毛髪内の特定遺伝子がバイオマーカーになる可能性があることも発見した。

脳内の硫化水素濃度が上昇する

死亡した統合失調症マウスと正常マウスの脳内を調べたところ、前者は硫化水素産生酵素のひとつであるMpstタンパク質が上昇していた。

ヒトに関しても統合失調症患者の死後、脳内を調べたところ硫化水素が過剰に産生されている事実が確認された。

なお、引き続き研究をしたところ、硫化水素の過剰産生は脳発達期のストレスなどに起因することも明らかとなっている。

硫化水素が脳内にも存在することは知られていたが、濃度の違いで脳に影響を及ぼすことは分かっていなかった。

現在の治療薬は副作用が多い

統合失調症は、100人に1人の高い割合で発症する精神疾患で、通常生活においても影響を及ぼす。

神経伝達物質の受容体をブロックする治療薬が存在するが、副作用が多く患者の負担になっている。

加えて、薬が効かないケースも3割ほど報告されているが、新薬開発が進んでいないのが現状である。

今回の発見により、根本的な病理メカニズムが解明されると考えられている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

理化学研究所HP
https://www.riken.jp/press/2019/20191028_1/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ