J-GoodTech新規登録はこちら

セサミンの炎症抑制メカニズムを解明

セサミンの炎症抑制メカニズムを解明

ゴマは昔から健康食品といわれている

2020年2月20日、慶應義塾大学医学部と東京医科大学の共同研究グループは、ゴマに含まれるセサミンの作用メカニズムを解明したと発表した。
ゴマは昔から、健康食品であるといわれてきており、肝臓で活性物質に変換され健康効果を発揮すると考えられてきた。

ただ、具体的な効果を発揮するメカニズムが不明であったが、今回の研究で明らかになった。

セサミンが活性化する

本研究では、セサミン代謝物であるSC1が、タンパク質であるアネキシンA1分子と結合しすることで活性化し、肝臓免疫細胞からの炎症物質の発現を抑制し、これにより炎症誘導が抑制されることになる。
また、急性肝炎モデルにセサミンを用いた実験では、肝臓に対し抗炎症作用と保護効果を発揮することが分かった。
セサミンを利用した健康食品がいくつか販売されているが、効果について半信半疑であることが多かったが、メカニズム解明によりきちんとした裏付けが示されたことになる。

セサミンが長寿を後押し

健康成分として近年注目を浴びるセサミンであるが、年齢を重ねるにつれて起こる疾患についても予防が期待されている。
慢性的な炎症を抑える効果があることで、疾患の誘発を抑えることになるが、老化を予防することにもつながることから研究が続けられている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AMED
https://www.amed.go.jp/news/release_20200220.html

すべてカテゴリの最新記事