ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本航空と成田国際空港、成田空港で自動運転の実証実験を開始

労働力不足に対応して生産性を向上

2019年9月20日、日本航空株式会社(以下、JAL)は、成田国際空港株式会社(以下、NAA)が運営する成田国際空港の制限区域内において、航空貨物や乗客の手荷物運送用コンテナを牽引するトーイングトラクターによる自動運転の実証実験(以下、同実証実験)を実施すると発表した。
今後、訪日旅客が大幅に増大し航空需要のさらなる拡大が見込まれる一方で、少子高齢化に伴い労働力不足が懸念されている。
このようななか、JALとNAAは先端技術を積極的に活用して生産性を向上させる一環として、同実証実験を実施することとなった。なお、同実証実験は、国土交通省の「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」にJALが応募して実施するものだ。

実証実験の概要

同実証実験は、成田国際空港第2ターミナル本館、サテライト周辺の車両通行道路および駐機場において、実験車両「TractEasy」(以下、同車両)を用いて、遠隔運行管理システム「Dispatcher」(以下、同管理システム)のもとで行う。
同車両は、搭載されたGPSアンテナやLiDAR(ライダー)などからのデータで車両の位置情報や他の車両、歩行者との距離を検知することで、あらかじめ設定した経路を自動で精確かつ安全に走行できる。
また、同管理システムは、自動運転車両の運行管理を行うシステムで、オペレーターは遠隔地で車両の速度や位置を把握し、管理することが可能だ。また、バッテリー残量や走行距離など車両の走行ログの記録・分析ができ、より安全性の高い車両運行に向けた検証が行える。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本航空 プレスリリース
https://press.jal.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ