ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソニーが「toio(TM)」の最先端紙工作ワークショップ開催

キューブ型ロボットトイ「toio(TM)」ワークショップ

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2019年8月29日、プレスリリースサイトにおいて、ソニーが所有する体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」でキューブ型ロボットトイ「toio(TM)」(トイオ)を使用したワークショップを開催することを発表した。

「toio(TM)」とは、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2019年3月20日(水)に発売を開始したキューブ型をしたロボットトイで、自由なあそびを楽しむための最新のプラットフォームだとしている。

「toio(TM)コンソール」、リング型コントローラー「toio(TM)リング」、キューブ型ロボット「toio(TM)コア キューブ」が「toio(TM)」本体セットに含まれている。

最先端の紙工作を楽しもう

今回発表されたワークショップ「【ロボット×紙工作!?】ゲズンロイド工作会~最先端の紙工作を楽しもう~」 は、toio(TM)専用タイトルである「工作生物 ゲズンロイド」を用いて行われる。

「toio(TM)コア キューブ」に自分が作成した紙工作を乗せ、不思議な生物を作り出し、それがまるで本物の様に動くプログラムを体験する。「工作生物 ゲズンロイド」は「ピタゴラ装置」で有名なユーフラテスの“うごき”の工作キットとして、5,980円(税別)で販売されている。

同キットは、“つくり方”ブックに従い、ハサミを使って紙工作を作成してキューブにつけ、“うごきのプログラム” を注入することによって様々な生物が“うごき”出すものだ。「めだま生物」、「アシュラコップ」など、付属のシール・「めだま」を組み合わせて楽しむこともできる。

定員は8名で事前申込先着順

開催日は2019年9月14日(土)で、12時から14時、15時~17時の2回開催となっている。参加は6歳以上となっており、保護者同伴が条件だ。各回の定員は8名で、事前申込の先着順となっている。

参加費用は無料だが、ソニー・エクスプローラサイエンス入館料が必要だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソニー・エクスプローラサイエンス
https://www.sonyexplorascience.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ