ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

理化学研究所などが、ディーゼル燃料用の触媒を開発

第二世代バイオディーゼル燃料向け

2020年1月28日、理化学研究所、自然科学研究機構分子科学研究所、中部大学、東京工業大学、九州大学は共同で、バイオディーゼル燃料用の触媒を開発した。
この触媒は、第二世代とよばれるエネルギー効率の良い燃料の製造をはじめ、医薬品合成や有機半導体の開発に用いられることとなる。

第一世代の欠点をクリアする新型燃料

バイオディーゼル燃料は、以前から地球温暖化の原因になっている化石燃料の代替えとして研究されてきた。
第一世代とよばれる脂肪酸メチルエステルは、メタノールや触媒などにより合成されていたが、エンジンが傷みやすいという欠点があり、これに変わる燃料の開発が望まれていた。
第二世代はこれらの問題をクリアしたが、製造に求められる条件が厳しく効率が悪かった。
今回は、これらをSiNA-Rhとよばれる新開発触媒を用いたことにより、効率良く製造できるようになっている。

使われない遊離脂肪酸を有効に使える

現在植物を利用したバイオマス燃料の開発が行われているが、パーム油などの油脂類は、分解により大量の遊離脂肪酸が使われることなく残っているといわれている。
今回開発した触媒では、ディーゼル燃料以外に、一酸化炭素を製造することが可能となる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

理化学研究所
https://www.riken.jp/press/2020/20200128_1/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ