ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

住友電工が、鋼旋削加工用サーメット材を開発

希少資源であるタングステンの使用量が少ない

住友電気工業株式会社は、2019年10月より自社開発した鋼旋削用コーテッドサーメット材種「T2500Z」を発売する。
このサーメットは、ベアリングなどの旋盤加工で使われるが、加工時の安定性を高めたことにより長寿命を実現した。
なお、超合金のように希少資源であるタングステンを殆ど使用しないため、環境保全の観点からも注目されている。

独自のコーティング技術を採用

独自技術である「ブリリアントコート」を採用することで、高い耐摩耗性と耐溶着性を実現。
これにより、炭素鋼や合金鋼などの切削対象物に対し、安定した加工面の品質を保つことが可能となった。
この技術では、切削対象物である金属との反応を低減することで、溶着を大幅抑制する効果を高め、工具の寿命も従来品比で1.5倍を達成した。

サーメットは造語である

従来、旋削加工用の工具材質には超合金が使われていたが、鉄鋼材との摩擦熱により熱溶解が発生し、溶着が発生しやすく仕上がりが汚くなっていた。
この問題を抑制するために、超合金の代わりにサーメットと呼ばれる材質が開発されたが、これは造語である。
硬いセラミックと粘り強いメタルの意味を込めて、CERAMICとMETALのCER、METを合わせてCERMET(サーメット)と呼ばれるようになったと言われている。
なお、サーメットにも欠点があり、衝撃に弱く欠けやすい、冷熱温度差で亀裂が入りやすいため使用時には注意が必要である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友電工HPより
https://sei.co.jp/company/press/2019/09/prs066.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ