J-GoodTech新規登録はこちら

ナノサイズ集光熱を半導体作成に利用

ナノサイズ集光熱を半導体作成に利用

光ナノアンテナ効果を用いて集光することに成功

2020年1月23日、北海道大学電子科学研究所と北海学園大学工学部の共同研究グループは、光をナノサイズに集め、発生した熱を利用する技術を開発したと発表した。
ナノサイズの金属に存在し、光を閉じ込める作用である光ナノアンテナ効果を利用するものであるが、金属と半導体のナノ構造製造に利用されることとなる。

ナノサイズ材料の配置が難しい

以前から、光をナノサイズに集めることで熱が利用できることが知られていた。
しかし、ナノサイズの材料を金属ナノ構造の適切な位置に配置することが難しく実現できていなかった。
これを解決するために、プラズモン支援水熱合成を開発したわけであるが、レーザー誘起水熱合成法(レーザー光で局所的に基板を加熱し、水熱合成反応を起こす)とよばれる手法を応用したものになる。

半導体エレクトロニクスへの応用が期待される

この技術は、半導体構造を適切な位置に配置することが可能となるため、高効率な光電変換、光触媒などの実現が期待される。
また、レーザー照射による加熱技術は、半導体エレクトロニクスや光量子情報処理・通信デバイスなどの分野への応用も可能である。
ナノサイズでの材料合成が可能になることにより、様々な分野への応用も期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/200123_pr.pdf

すべてカテゴリの最新記事