ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOなどが共同で、野菜価格の予測アルゴリズムを開発

AIを活用し、価格を予測する

2019年11月19日、NEDOが東京大田市場での野菜価格を予測する、アルゴリズムの開発を発表した。
この開発はAIを活用したもので、1~2か月先の市場価格を高精度に予測することが可能になる。
なお、NEDOの「人工知能技術適用によるスマート社会の実現」事業において、株式会社ファームシップ、国立大学法人豊橋技術科学大学、パイマテリアルデザイン株式会社が共同で開発したものである。
このサービスは、株式会社ファームシップより、レタスについて11月下旬から提供開始となる予定。

野菜は不作で価格が上昇する

本来は、天候に左右されない野菜工場での生産供給を安定させるために、生産管理の一環として開発が検討されたものである。
が、本来安定生産が可能であるにもかかわらず、天候などによる露地野菜の供給状況により、野菜工場の価格も変動する現象が起こっている。
これを解消するためAIを活用し、市場での需要予測を立て安定供給するとともに、価格に応じた生産供給を可能にするものである。

野菜の廃棄を減らす目的

天候不順などの理由により、野菜価格が高騰するということはニュースなどでよく報道されていることである。
逆に、天候が安定し野菜が多く取れると価格は下がるが、大量に出回るため余ってしまい廃棄することも。
野菜工場は、安定供給を目的としているため、価格が下がると売れなくなり出荷できなくなるため、廃棄してしまう事になる。
これらを防ぐ意味で、生産量を調整し、市場の動向に合わせて廃棄を減らす目的もある。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDO
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101235.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS