ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

あいおい損保ら 業界初のテレマティクス事故対応システム開発

テレマティクス損害サービスシステム提供開始

2019年8月9日、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(MS&ADインシュアランスグループ)は、株式会社野村総合研究所、SCSK株式会社、富士通株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社インテリジェント ウェイブ、日本アイ・ビー・エム株式会社、SBI FinTech Incubation 株式会社らと共同開発を行ったことを発表した。

あわせて、業界初(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社調べ)の“最先端テレマティクス技術による事故対応システム 「テレマティクス損害サービスシステム」”の提供を開始することも公表した。

“テレマティクス”とは、カーナビ等の車載器と移動体通信システムを利用することにより、多種多様なサービスおよび情報を提供する仕組みを指す造語である。

5つの先進的ソリューション

同システムはビッグデータやAI等の技術を取り入れている。先進的ソリューションとして、まず、株式会社野村総合研究所の「テレマティクスの可視化」、SCSK株式会社が担う「事故検知の高度化」がある。

加えて、富士通株式会社は「相手車両・周辺環境を含む事故状況の把握」を担当し、大日本印刷株式会社と株式会社インテリジェント ウェイブは「過失割合の判定サポート」を行う。さらに、日本アイ・ビー・エム株式会社が開発したAPI連携基盤を用い、オープンなエコシステムを構築する。

ビッグデータやAIの技術を採用

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、車両およびデバイスのデータ活用によって、パートナー企業との「テレマティクス損害サービスシステム」開発を成功させた。同システムにより、対物賠償保険金における支払いまでにかかる日数を、およそ50%短縮させることが可能となるとしている。

システム開発においては、機能別に4段階に分けての導入を計画しており、1段階目はすでに開発済み、2段階目は開発済みだが特許出願中、3段階目と4段階目については開発中であるが、特許は取得済みだとされている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
https://www.aioinissaydowa.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ