ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NTTデータ レジを通さずに決済するデジタル店舗 提供開始

レジ無店舗の拡散に向けて

株式会社NTTデータ(以下NTTデータ)は、2019年9月2日(月)より、レジ無し店舗を小売業界向けに提供したことを発表した。
商品の購入者は、QRコードで認証され入店する。購入したい商品を手に取りレジを通さずに、そのまま持ち帰ることができる。
レジ無店舗が広まることで、小売業界はデジタル変革に突入する。レジ業務が、なくなることは店舗運営の人件費削減につながる。
また、従業員確保や長時間労働といった、現在抱えている小売業界の課題を解決する。
さらに、レジ待ち時間が解消されることで消費者の購買機会が増え、収益が上昇する。
今後、NTTデータではレジ無店舗サービスの提供を、2022年度末までに小売業界1000店舗、導入することを目標とする。
なお、レジ無店舗サービスでは、カメラや、消費者が商品購入前後を見分ける重量センサーが使われる。
このシステム解析は中国のCloudPick社(クラウドピック)と業務提携していく。

レジ無しデジタル店舗出店で得られるメリット

レジ無しデジタル店舗出店で得られるメリットは3つある。
1つ目は、チェックインの1クリック操作のみでレジに並ばずに支払いができることだ。会計のストレスが軽減される。
2つ目は、小売業界で働く従業員や店舗経営者にメリットがある。レジ打ちがなくなることによる業務効率化により、労働時間の短縮が見込める。
3つ目は、小売業界の企業側に恩恵をもたらす。レジ待ち解消で、消費者の購買機会を最大化できるだけでなく、消費者の行動動線やアクションをデータで把握できる。
その結果、拡販チャンスの獲得、店舗設計やマーケティングへ応用し、売り上げを伸ばすことに貢献できる。
今後も、NTTデータは、企業内部と外部のアイデアを結合させ、価値を創造していくオープンイノベーション活動を推進していく。
そして、企業と国の垣根を超え、世界の先進的ベンチャー企業とビジネス活動を加速させる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTデータ
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/090200/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ