ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

サイバーセキュリティ国際会議CODE BLUEの全講演者発表

サイバーセキュリティ国際会議CODE BLUE

2019年9月11日、CODE BLUE実行委員会はホームページにおいて、サイバーセキュリティ国際会議CODE BLUEの講演者を全て発表した。同国際会議で、15カ国から来る講演者から最先端の研究成果等が発表される。

基調講演はイギリスのアンドリュー・ファター氏(英国レスター大学、オスロ国際平和研究所)による「核兵器とハッキング」と、エストニアのリース・ヴィフィル氏(Cyber Law International、NATOアンバサダー)による「TBA」だ。

最新の研究成果を共有

日本発の同国際会議では、世界で指折りの情報セキュリティ専門家から最先端の講演を聴講することができ、国境を越えた情報交換と交流の場を提供できるとしている。

欧米トップクラスの研究者を招くことで、最新の研究成果を共有でき、加えて、新たに日本を含むアジアの優秀な研究者を発見することが大きな目的だとしている。

開催日時は2019年10月29日と30日の2日間

メイントラック:ジェネラルでは、日本の林彦博氏と大澤祐樹氏の「IoTの脅威、そしてIoTに対する脅威に対抗する家電メーカーアプローチ」、メイントラック:テクニカルではアメリカのジョシュア・マダックス氏の「APIに起因するSSRF:Apple PayがWeb全体にいかに脆弱性をばらまいたか」等が予定されている。

ほかにも、メイントラック:U25 25歳以下、メイントラック:サイバー犯罪、メイントラック:金融/ブロックチェーン、メイントラック:法律&政策、BlueBox等、多種多様な講演内容が用意されている。

開催日時は2019年10月29日(火)から10月30日(水)で、ベルサール渋谷ガーデンにて行われる。参加費は83,000円(通常)で、同時通訳が付いている。事前登録はPeatixからチケットを購入する形式となっており、定員は1,300名だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

CODE BLUE実行委員会
https://codeblue.jp/2019/news_press/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ