ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

360度VRで「最期にもう一度見たい風景」を 終活サポートに

超高齢化社会のQOL向上に

2019年8月13日、株式会社東地開発は、同社のomoieizo事業部において、外出を疑似体験・思い出の地など現地に赴くことができない方の希望を叶える映像として、360度VR動画、写真撮影コンテンツ制作サービスを開始したことを発表した。

超高齢化社会を迎え、医療・介護福祉の分野では終活サポート、がん患者増加によるターミナルケア、終末医療、緩和ケアなど多様化するニーズの中、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に向けた取り組みやサポート体制が重要となっている。

今回、同社はその一つのツールとして、治療や体力の衰えなどの要因で「外出ができない」「家に帰りたいけど帰れない」「行きたいところがあるけど行けない」「もう一度見てみたい風景がある」といった希望に応えるために360度VR映像によるサービスの提供を開始するに至ったという。

もう一度見たい風景をVRで

このサービスは、同社カメラマンにより、希望の現地に赴きオーダーでオリジナル映像として撮影を行う。バーチャルリアリティー・360度全天球を撮影できる8K3DVR専用カメラにて撮影した動画や、写真映像を活用することで、本人が希望する風景を病室や自宅にいながら疑似体験できる。

自宅や故郷、想い出の地、旅行先の風景など、本人がもう一度見たいと思う景色をVRヘッドセットにて直接、直観的に体感することが可能だ。

このサービスは個人だけでなく、終活サポート支援企業、医療施設(病院・介護)での新規メニューやターミナルケアなどの導入検討事案にも対応しているという。

同社は同サービスを通して、クオリティ・オブ・ライフの向上や家族のさまざまな想いへのサポートに貢献することを目指すという。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社東地開発 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000047325.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ