J-GoodTech新規登録はこちら

AIを搭載した案内ロボットが大垣市役所で本番稼働

AIを搭載した案内ロボットが大垣市役所で本番稼働

ぬいぐるみを被ったかわいいロボット

2020年1月24日、タケロボ株式会社は、2020年1月6日に開所した岐阜県大垣市の市役所新庁舎に導入した案内ロボット「ロボコット」(以下、同ロボット)が、本番稼働したと発表した。
同ロボットは、ぬいぐるみを被ったかわいいロボットで親しみやすく、画像・動画・アプリなどの「画面」、「タッチ操作」、「音声発声」、「音声認識」の4通りのインタフェースを介して、利用者とコミュニケーションを取り、AIを活用して各種案内や説明を行うことができる。

新庁舎内の設置場所に応じた案内を実施

同市役所新庁舎の総合案内カウンターには、同市のマスコットキャラクター「おがっきい」をイメージした同ロボット「おがっきい版」が1台設置され、来庁した目的を伝える(話し掛ける)と、担当課を案内する。総合案内では、日本語だけでなく、英語・ポルトガル語・中国語でも対応できる。
さらに、担当課の場所を地図で表示するとともに、QRコードを表示し、スマホで地図を表示することもでき、移動して案内をするロボットを呼び出す機能も装備している。
また、サービス課カウンターおよび障がい福祉課カウンターには、同ロボット「通常版」が各1台設置され、各設置場所に応じた案内を行う。
これらのカウンターにおいては、住民票等の写し・印鑑証明書・など各種申請書の書き方を説明する。話すことが困難な人には筆談対応を支援し、英語・ポルトガル語・中国語と日本語間の翻訳も支援する。

運用を支援

同ロボットの利用状況について、月次でレポートするとともに、利用状況やAIの応対状況などを踏まえ、AIの追加学習を行う。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

タケロボ株式会社 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/203874

すべてカテゴリの最新記事