ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ALATAMA 独自技術で開発「ドクターエアセル」新商品公開

JFTが独自技術で開発

株式会社ALATAMAは、JFTが独自技術で開発した「ドクターエアセル 3DインソールS」を、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて公開したことを発表した。プロジェクトの開催は2020年1月15日までだ。2019年12月18日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされた。
株式会社ALATAMAは、“最先端トレンド”と“テクノロジー”をエンドユーザーに届ける輸入総代理店である。「ドクターエアセル 3DインソールS」の開発メーカーはJFTで、企画は台湾、製造は中国となっている。

ピーク圧力がおよそ8割分散

JFTの独自技術“緩衝対流エアセル”は、実用新案の取得が完了しており、現在は国際特許を出願中である。“緩衝対流エアセル”は、圧力分散機能が大きな特長で、圧力がかかった場合に、セルの内部にある空気が均等に循環する仕組みを持っている。土踏まずまでサポートされ、足の負担を軽減させるとしている。
素材には、TPU(Thermo Plastic Uretane)と、デュポン社のポリウレタン弾性繊維(スパンデックス)を採用している。スパンデックスは、高い伸縮性を持っているため、医療分野やスポーツウェアにも採用されている。
“ドクターエアセルシリーズ”は、クラウドファンディングで2,600人を超える支持を得た実績を持つ。検査機関によって実施された体圧分散試験において、“緩衝対流エアセル”を使用した場合、ピーク圧力がおよそ8割分散されたとの結果が出ている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS