ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本橋室町地区でバリアフリーナビゲーションのサービスを実装

あらゆる人の活動を支援できる都市環境を構築し、バリアフリー・ストレスフリーな街づくりを実現

2019年10月11日、三井不動産株式会社(以下、三井不動産)、清水建設株式会社(以下、清水建設)、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)の3社は、共同で、三井不動産が運営する都心商業施設「COREDO室町1・2・3」(以下。同施設)を対象とした屋内測位環境を構築し、日本IBMのAI技術であるIBM Watsonの対話機能(以下、同機能)と連携したバリアフリーナビゲーション「インクルーシブ・ナビ」のサービス(以下、同サービス)を、2019年10月より実装すると発表した。

同サービスは、外国人・視覚障がい者・車いす利用者外を含むあらゆる人の活動を支援できる都市環境を構築し、バリアフリー・ストレスフリーな街づくりを実現することを目的としており、それぞれの人に適した誘導方法で目的地まで快適に案内する。

今後は、対象エリアを拡大し、高精度屋内測位環境を活用した新たなサービスを創出するとしている。

「インクルーシブ・ナビ」の概要

同サービスを利用するには、スマートフォンに予めダウンロードしたナビゲーション用のアプリを起動し、一般歩行者・車いす利用者・ベビーカー利用者・視覚障がい者などの属性を設定した後、対話やメニュー検索などにより目的地を設定する。

目的地が決まると、音声と地図によるナビゲーションが始まり、利用者の属性に応じて、最短経路、階段や段差のない経路などを選定し、地図上に現在位置を示しながら、目的地に辿り着くまでに、ほぼリアルタイムに必要な情報を音声で提供する。

また、目的地の設定と音声ナビゲーションは、日本語と英語に対応している。

なお、同サービスを導入するにあたって、三井不動産が提供した同機能の店舗紹介やメニューなど各種情報や平面図情報をもとに、清水建設は、161個のビーコンを導入対象エリアに設置し、来街者の所在位置を測位・検出するシステムと対象エリアのナビゲーション用地図を作成する。

さらに、日本IBMは、Watsonを活用した音声ナビゲーション機能など、システム全体の構築を支援した。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

清水建設 ニュースリリース
https://www.shimz.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ