ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NTT、明滅する背景上に置いた印刷物に動きの錯覚を生む手法を開発

プロジェクタを利用せずに、印刷物に錯覚印象を与える情報提示技術

2019年11月11日、日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、明滅する背景上に置いた印刷物に、動いているかのような印象を与えることのできる情報提示手法「ダンシングペーパー(Danswing paper)」(以下、同手法)を開発したと発表した。
NTTでは、人間の感覚情報処理の科学的理解を目指した研究を行い、「変幻灯」や「浮像」などの光投影技術に基づく錯覚情報提示手法を適用して、豊かでわかりやすい感覚表現を実現する情報提示手法を提案している。
このよう技術では、印刷物に錯覚を生じさせる映像を投影することで、鮮やかな動きの印象を錯覚的に提示できるが、視覚効果を生じさせるためにはプロジェクタを設置する必要があるため、当該技術が適用できないシーンもあった。
このため、プロジェクタを用いずに、錯覚印象を与える情報提示技術が求められていた。

情報提示手法「ダンシングペーパー」の概要

同手法では、輪郭線の明暗成分と背景との明滅との相互作用が生み出す動き錯覚を利用しており、明滅する背景上に置いた印刷物に錯覚的な動きの印象を与える。
また、明暗輪郭線の形状や幅を操作することで、回転、拡大・縮小や変形などの複雑な動きの印象も与えることができる。
なお、「Danswing」とは、danceとswingの2語に由来する造語とのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NTT ニュースリリース
https://www.ntt.co.jp/news2019/1911/191111a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ