ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

眩しさを感じさせない高ワットダウンライトを発売

商品情報について

パナソニック株式会社ライフソリューションズ社は、眩しさを抑えながらも、小型で高出力のダウンライトを2019年7月1日より発売する。商品としては、グレアレスダウンライト、グレアレスユニバーサルダウンライトを高ワット化したもので280品種を新たにラインナップに加えるとしている。

グレアレスと言う言葉が最近浸透してきたが、直接光源を見る必要がなく、間接的な光によって地面や壁などを照らす照明である。

一昔前の照明は光源がむき出しで、直接光が目に入ることが多かったため眩しいという印象しかなかったが、ソフトな印象に変わるものである。なお、色も波長を変えることで白色から橙色にできるためよりやさしい印象を受ける。

利用できる場所として

よく目にするシーンとしては、美術館の展示スペース、ホテルのエントランス、マンションなどであるが、近年は他の場所でも利用が広がっている。明るく眩しい光が必要のない場所に用いられることになるが、一般住宅でリビングや玄関など、落ち着いた空間を演出することも可能に。

製品としては、光源を変えるだけでなく、照射角度、反射板材質や色などにも工夫を施し、ムードの演出などを可能にしている。なお、高級感もあるため、よりハイクラスの建築物への導入も可能となっている。

問題点として

一般的に照明を高ワット化すると、発熱量が増え、照明器具の構成材を熱溶解させたり、場合によっては炭化し、最悪の場合は火事を引き起こす要因となる。この問題が以前より、照明を単純に高ワット化できない理由の一つとなっていた。

今回は、独自に開発した放熱技術によりワット数を上げながらも、安全に使える商品となっている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パナソニックHP
https://news.panasonic.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ