ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東芝、市販の単眼カメラで高精度な距離計測を実現する立体認識AIを開発

小型化に適した単眼カメラを使用した計測技術に注目

2019年10月25日、株式会社東芝は、レンズによって生じる画像のぼけをディープラーニングで解析することで、市販のカメラで撮影した1枚の画像からステレオカメラ並みに高精度な距離計測を実現する立体認識AI(以下、同AI)を開発したと発表した。
工場内の無人搬送車の自律移動やドローンの遠隔操作によるインフラ点検など、さまざまな分野で画像センシングの重要性が増すに伴い、小型装置で形状や距離情報などの3次元情報を把握するために、小型化に適した単眼カメラを使用した計測技術が注目されている。
このため、ディープラーニングによって被写体の形状や背景などの風景情報を学習し、距離を推定する単眼カメラ距離推定技術の研究が活発化しているが、その精度は学習した風景情報に依存するため、学習した風景情報と異なる背景で撮影すると精度が著しく低下する欠点がある。
このようななか、同社は、2色のカラーフィルタをレンズに挿し、被写体までの距離に応じて生じる画像ぼけの色と大きさを分析することで、風景情報に依存せずに距離を推定するカラー開口撮影技術を開発したが、既存レンズを改造するためのコストと手間が課題となっていた。

単眼カメラで高精度な距離計測を実現する立体認識AIの概要

同AIでは、レンズ上の位置によって画像がどのようにぼけているか(ぼけの形状)を、深層ニューラルネットワークモデルを学習するディープラーニングを活用して解析できる。
また、ぼけの形状は、光が通ったレンズ内の位置と光の波長によって変化することが分かっているため、学習の過程で、予測した距離と実際の距離の誤差を小さくするように更新するネットワークを開発した。
同AIを活用した結果、市販カメラの一枚の撮影画像から、風景情報にも依存せずステレオカメラに匹敵する高精度な距離計測を実現できることを確認したとのこと。
なお、ステレオカメラとは、対象物を複数の異なる方向から同時に撮影して、奥行き方向の情報も記録できるようにしたカメラで、通常は、1台で両眼視差を再現し、立体的な空間を把握できる立体写真の撮影が可能だ。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東芝 ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1910_03.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ