J-GoodTech新規登録はこちら

秘密分散と秘匿通信技術を用いた電子カルテ保管・交換システムを開発

秘密分散と秘匿通信技術を用いた電子カルテ保管・交換システムを開発

電子カルテなどの医療データを、遠隔地にバックアップ

2019年12月12日、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)と高知県・高知市病院企業団立高知医療センター及び連携協力機関から成るチームは、電子カルテデータのセキュアなバックアップと医療機関間での相互参照、および災害時の迅速なデータの復元が可能な保健医療用の長期セキュアデータ保管・交換システム(Healthcare long-term integrity and confidentiality protection system:H-LINCOS、以下、同システム)を開発したと発表した。
大震災で医療機関が倒壊した場合に備えて、電子カルテなどの医療データは、遠隔地にバックアップを取っておくとともに、災害時には多くの患者を早く診療・治療するために、患者の氏名・住所・生年月日とプロファイリングに必要な投薬・アレルギー情報などを迅速に復元する必要がある。
また、電子カルテは、究極の個人情報であるため、秘密分散技術と秘匿通信技術を組み合わせて安全にバックアップするとともに、異なる医療機関の間でも迅速に復元して医療情報を安全に相互参照できる同システムの開発が期待されていた。

電子カルテ保管・交換システムを用いた実証実験の概要

同システムは、高知医療センターとNICTのテストベッドJGN上の大阪、名古屋、大手町、小金井のアクセスポイントを結ぶ800 km圏のネットワーク上に実装され、医師や救急救命士など、保健医療分野26種の国家資格に基づいた高セキュアな認証機能が利用されている。
同システムを用いた実証実験では、1万人分の模擬データを用意して、南海トラフ地震等で四国エリアの光ファイバー網が寸断されているという想定で、大阪、名古屋、大手町のうち2つのデータサーバから処方履歴、アレルギー情報などの項目を小金井のサーバ上に復元し、衛星回線経由で高知医療センターの端末まで伝送する操作を行った。
この結果、想定被災地にある端末で医療データ項目を検索してから9秒以内で端末上に復元することに成功し、災害医療に大いに役立つことが確認されたとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国立研究開発法人情報通信研究機構 プレスリリース
https://www.nict.go.jp/press/2019/12/12-1.html

すべてカテゴリの最新記事