J-GoodTech新規登録はこちら

東京大学が共同で、河川の流量モニタリングシステムを開発

東京大学が共同で、河川の流量モニタリングシステムを開発

陸上における水循環を計算するシステム

2019年11月29日、東京大学生産技術研究所と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構の共同研究グループは、「Today’s Earth – Japan」システムを公開した。
このシステムは、陸上における水循環を推定計算するため、日本中の河川流量や氾濫が推定される地域の表示が可能となる。
なお、今後は、防災や減災を目的とし利用されることとなる。

実際の状況に近い結果が実証された

今年の台風19号では、このシステムを用いて実験的にシミュレーションが行われた。
その結果、長野県千曲川流域における、洪水発生予測が出来、危険な状態であることを推定できる結果となった。
なお、現在はデータを集計し結果に反映されるまで約1日遅れとなっているが、今年度中にリアルタイムでの提供が予定されている。

近年増加する水による被害

日本は、近年台風や大雨による災害が続いており、異常気象が原因ではないかといわれている。
今年秋にも大きな台風が連続して日本に上陸したことにより、甚大な被害を及ぼしたが、河川の水位などを事前に降雨量などから推定することは難しい。
気が付いた時には、川が氾濫し避難が間に合わないなどの事態にもなりかねない。
これらを事前に察知するシステムとして、活用が期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京大学
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/news/3193/

すべてカテゴリの最新記事