ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

物流支援ロボットのピッキング作業において、最短ルートで自律走行できる機能を開発

倉庫内作業の6割がピッキング

2019年6月13日、株式会社ZMP(以下、ZMP)と株式会社サトー(以下サトー)は、ZMPの物流支援ロボット「CarriRo AD」(以下、同ロボット)に、サトーが提供する経路案内ソリューション「Visual Warehouse」(以下、同ソリューション)と連携する機能「CarriRo Visual Warehouse」(以下、同機能)を開発したと発表した。

ネット通販が激増するなか、物流を担う物流倉庫においては、作業の6割をピッキングが占めると言われており、倉庫内作業の生産性を高めるために、ピッキング作業者の歩行距離を削減することが課題となっている。

なお、同ロボットは、走行通路に貼られたランドマーク(ルート上の目印)の上を自律移動して台車を指定位置まで牽引できる。また、柔軟なルート設置が可能であり、作業車に追従して自動でついてくるカルガモモード(追従モード)も搭載しているため、作業効率の向上に貢献する。

一方、同ソリューションは、ピッキング作業者が端末で入力した現在地・在庫商品と目的地の位置情報より最短移動経路を算出し、仮想マップで可視化して音声ナビでガイダンスするナビゲーションシステムだ。

「CarriRo Visual Warehouse」の概要

同機能では、同ソリューションが算出した作業者の最短ルート情報や最適な合流地点の情報を、同ロボットが走行するランドマーク情報として共有する。

このため、ゾーンピッキングでは、同ロボットがエリア内を最短ルートで自律走行し、指示された場所で待機し、各作業者は分割されたエリア内でピッキング作業に専念でき、作業性の向上が図られる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ZMP プレスリリース
https://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20190613

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ