ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

津波避難におけるAI活用の実証実験を実施

安全への過信や災害情報の伝達不足で津波避難の遅れ

2019年10月24日、国立大学法人東北大学災害科学国際研究所、国立大学法人東京大学地震研究所、富士通株式会社、および川崎市は、津波避難におけるAI活用の実証実験(以下、同実証実験)を、11月17日(日曜日)に行われる川崎市津波避難訓練において行うと発表した。
東日本大震災では、自分がいる場所まで津波が来るとは思わなかったなど、安全への過信や災害情報の伝達不足が避難の遅れになった例が見られたとのこと。
このようななか、4者は、「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」(以下、同プロジェクト)を2017年11月より進めている。
同プロジェクトでは、地震発生後に時々刻々と入手される情報を基に、現在位置の浸水可能性を判定するAIを構築し、避難を後押しするスマホアプリを開発している。
同実証実験は、同プロジェクトの一環として、2018年12月に行った津波避難におけるICT活用の実証実験に続いて実施する。

実証実験の概要

同実証実験では、住民にスマホアプリ(試作版)を利用した避難訓練を体験してもらい、スマホを通して提供された災害情報が避難行動に与える影響や、効果的な情報提供手段のあり方について検討する。
なお、災害は、神奈川県が設定した「慶長型地震モデル」による津波を想定し、実施場所は、川崎市立四谷小学校および周辺地域で、避難訓練後に実施する防災講座では、実証参加者と当日の避難行動を振り返る
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/24.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ