J-GoodTech新規登録はこちら

手荷物を指定ホテルへ届ける実証実験「エキナカ次世代手荷物配送」を開始

手荷物を指定ホテルへ届ける実証実験「エキナカ次世代手荷物配送」を開始

観光客や旅行者の手荷物のストレスを軽減し駅の利便性を向上

2019年11月11日、JR東日本スタートアップ株式会社と株式会社ジェイアール東日本物流およびCBcloud株式会社(以下、CBcloud)は、東京駅の手荷物預かり所で、荷物を預かり、当日中に指定のホテルへ届ける実証実験「エキナカ次世代手荷物配送」(以下、同実証実験)を開始すると発表した。
東京駅では、外国人旅行客などを含めて観光客が増加するに伴い、コインロッカーが不足するなか、2020年に向けて、手荷物のストレスを解消することが求められている。

「エキナカ次世代手荷物配送」実証実験の概要

同実証実験では、東京駅の手荷物預かり所に、配送マッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」(以下、同プラットフォーム)を掛け合わせて輸送の柔軟性を高め、通常の手荷物預かり所よりも早い時間から遅い時間まで、幅広い時間帯で効率的な当日配送受付を実施する。
なお、CBcloudが提供する同プラットフォームは、荷主とフリーランスドライバーを即時につなぐ配送マッチングプラットフォームで、荷主には、見積もり金額が即時提示され、配送状況がリアルタイムにわかる。さらに、突発的に発生する「緊急便」や、日時指定した単発の依頼ができる「スポット便」、定期的に同じドライバーに配送してもらえる「定期便」など様々な用途で利用できるとのこと。
また、運送会社に比べて配送料金を抑えることができるほか、大型の荷物の輸送も可能だ。
同実証実験は、約3ヶ月実施する予定で、当日配送受付時間が8:00~16:30であり、事前予約が不要で、配送を希望する日に手荷物一時預かり所に荷物を直接持ち込む。配送先は、山手線各駅周辺および舞浜駅周辺のホテルとなる。
(画像はJR東日本スタートアップ 新着情報より)

▼外部リンク

JR東日本スタートアップ 新着情報
http://jrestartup.co.jp/news/2019/11/1688/

すべてカテゴリの最新記事