ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NTN、自然エネルギーで発電・蓄電できるコンテナ収納移動型独立電源を開発

非常時における電力確保の体制構築

2019年5月31日、NTN株式会社は、短時間で発電・電力供給が行える次世代のコンテナ収納移動型独立電源「N3 エヌキューブ」(以下、同電源)を開発したと発表した。

東日本大震災や想定外の大洪水など、大規模災害が頻発するに伴い、防災や減災に対する意識が高まるなか、各都道府県では防災備蓄倉庫の整備が進められているが、まだまだ少ない状況であるうえに、非常時に電力を確保する体制の構築が課題となっている。

「N3 エヌキューブ」の概要

同電源は、貨物輸送用コンテナに風力・水力・太陽光の3種類の自然エネルギーによる発電装置と蓄電池を格納した設備で、「機動性」に富んでいるため、電力供給が困難となった被災地等に、トラック・貨物船・ヘリコプターなどで運搬し少人数で設置して、短時間で電力を供給できる。

また、非常用発電機の多くは、カセットボンベやガソリンなどの燃料を用いているが、同電源は自然エネルギーを活用する独立電源のため、燃料補給が不要で長時間使用できる。

さらに、コンテナ内には、棚を設けて備蓄資材を収納するとともに、休憩用のベンチや机を設置し、更衣室・授乳室・休憩スペースなど、さまざまな用途で活用できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTN ニュースリリース
https://www.ntn.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ