ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

カーボン製パラ車いすを開発、日本代表選手と世界初の試み

従来材質からカーボン製へ

株式会社松永製作所は、東レ・カーボンマジック株式会社と、俊敏性向上、選手の手や腕への負担を軽減するべくカーボン製フレームを採用した、パラバドミントン用車いすを開発した。

従来のバドミントン用車いすのフレーム材質は、主にアルミニウムが使われてきたが、重いためバドミントン競技に要求される俊敏な動作がしにくく、腕や手首への負担が大きくなっていた。

軽量化と強度を兼ね備える必要があったが、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)により実現された。なお、陸上競技など一部の競技ではすでに取り入れられているが、パラバドミントンでは世界初となる。

カーボン製車いすの特徴

現在主流のアルミ製と比較し、2割ほど軽量化することを目的としており、強度も全ての方向で従来よりも高くなる予定となっている。

カーボンは従来材質と比較し、強度を保ったまま軽量化できる特徴がある反面、一つの型でいろんなサイズの物が作れないという難点があるが、今回の開発では選手個人に合わせて対応が可能となり汎用性を持たせることが見込める。

シートの形状も3Dスキャン技術により、選手に合った形状とし、臀部とシート間での擦れを低減する技術開発も盛込まれる。

スポーツ界への貢献

今回の開発は、素材に留まらず、スポーツ用品、福祉装具、デザインなどの知見を持つ会社と連携し開発を進めている。2020年パラリンピックでは、バドミントンが初の正式種目に決定したため、選手からの要望も増え軽量化含め開発することになった。

障がい者スポーツにおいて、バドミントンだけでなく、バスケットボールやテニスなど他のパラスポーツのすそ野を広げる目的も兼ねている。

将来的には、スポーツ分野で確立した技術を、日常用の車いすに転用し有効に活用することを目指す。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRwire
https://kyodonewsprwire.jp/release/201906047162

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ