ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

コベルコ建機株式会社と日本マイクロソフト株式会社の協業を発表

建設現場のテレワークシステム」K-DIVE CONCEPTに向けての協業

コベルコ建機株式会社(以下、コベルコ建機)と日本マイクロソフト株式会社(日本マイクロソフト)は、クラウドやAI、IoTなどの先進テクノロジを活用して、コベルコ建機の目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」K-DIVE CONCEPT(コベルコ建機が研究・開発を進める、次世代遠隔操縦技術を用いた「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」のことで、建設現場で働く人の働き方を大きく変え、豊かな生活、社会を実現すること)推進のために協業することとした。

2019年5月22日の「建設・測量生産性向上展2019」のコベルコ建機ブースにて発表を行った。

協業の第一弾はクラウドから

協業の第一弾として、“K-DIVE CONCEPT”にマイクロソフトのMicrosoft Azureを採用して、業務の円滑化、可視化、ならびに効率的なコミュニケーションの実現を目指し、働き方改革を目指している。

建設現場でもテレワークシステムの実現に向けて

コベルコ建機は昨年、「誰でも働ける現場へ・KOBELCO IoT」をテーマにICTロードマップを策定し、その実現に向けて中長期的に研究・開発を進めている。

そのひとつの柱であるK-DIVE CONCEPTは、クラウドマッチングシステムにより、特定の人・場所・時間などの制約を受けずに、現場の施工が可能となる「建設現場のテレワーク化」を実現する。

深刻化する建設技能者の不足に対する多様な人材活用、現場生産性の向上、現場無人化による本質的な安全確保などを目指している。

両社はこの実現に向けて、AI、IoT、画像・音声の認識技術を用いて、開発期間を大幅に短縮するアジャイル手法により開発を進めることとしている。

建設業界の働き方改革を目指して

これらの実現に向けて、コベルコ建機と日本マイクロソフトは全面的に連携し、ビジョンの具現化から最新テクノロジを活用した課題解決手段の提案、導入までを一貫して日本マイクロソフトが支援していくこととしている。

さらに、両社は今後も、働く人を中心とした建設業界の働き方改革を目指し、さまざまなソリューションを生み出していくため、連携を深化しくこととしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

コベルコ建機株式会社と日本マイクロソフト株式会社の協業について
https://news.microsoft.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ