J-GoodTech新規登録はこちら

微生物によるバイオ原料の生産性向上に成功

微生物によるバイオ原料の生産性向上に成功

糖の使い分けを微生物に行わせる

2020年1月15日、神戸大学大学院工学研究科、理化学研究所環境資源科学研究センターの共同研究グループは、バイオ生産に関して生産性を向上することに成功したと発表した。
微生物を利用した生産では、通常、原料が微生物自身の増殖に使われることが多く生産性低下の原因になっているが、取り込んだ糖を目的別に使い分けをさせることで、この問題を解決し生産性を向上させた。

大腸菌を改変し生産性を向上

今回の研究では、物質生産と菌体増殖をコントロールするPMPEという技術を開発した。
この技術で、大腸菌を改変し、ナイロンの前駆体となるムコン酸の生産性を向上させることに成功した。
これにより、炭素源はナイロンの原料になり、それ以外の物質は微生物を増殖させる栄養源にすることが可能となる。

石油に替わる原料として注目

化石燃料による二酸化炭素の排出を抑える意味で、バイオマスを原料とした製品の開発が進められている。
現在では、バイオファイナリー技術を用いて、バイオ燃料やバイオプラスチック、医療品原料などを生産している。
微生物に頼るバイオ原料は、そのままでは生産効率が悪いため、改変する必要があるが、今後は様々な開発が行われ生産性が向上すると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

神戸大学
https://www.kobe-u.ac.jp/

すべてカテゴリの最新記事