ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヤマト運輸、宅配に特化した小型商用EVトラックを導入

CO2を削減し住宅街での騒音を低減

2019年11月19日、ヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、宅配に特化した日本初の小型商用EVトラック(以下、同トラック)を、ドイツポストDHLグループ傘下のストリートスクーターと共同開発し、2020年1月から首都圏に順次500台を導入すると発表した。
これまで、ヤマト運輸は、低公害車の導入、車両を利用しない集配、再配達の削減、複数の事業者の荷物を一台の車両で輸送するなど、CO2を削減し環境負荷軽減に向けたさまざまな取り組みを推進してきた。
この度、同トラックを開発・導入することで、温室効果ガスの排出量削減や住宅街での騒音低減などの取り組みを、さらに強化するとしている。

小型商用EVトラックの概要

同トラックは、EVを導入することで環境負荷軽減に貢献するとともに、実際に集配を行うドライバーの立場に立った設計で、快適性・機能性・作業性・安全性の向上を図っている。
このため、シート高を普通乗用車並みにするとともにドア側(外側)のシート側面をフラットにすることで、乗り降りしやすく、体への負担を低減している。
また、荷室床面を90cmの地上高として、荷物の積み下ろしに際して大きく屈むことなく、また荷室に乗り込むこともなく荷物の積み下ろしを行える設計であり、キーを身に着けていると、ドライバーの車両への接近・離脱をセンサーが感知して、自動で運転席や荷室が施錠・開錠する。
さらに、車両を真上から見下ろした映像が映し出される「バードビュー」や、シフトレバーや方向指示器を左右に操作したときにはそれぞれ左右のドアミラーの死角となる側面下部がモニターに映し出され、360度車両の死角を視認できるマルチビューモニターが装備されている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ヤマト運輸 ニュースリリース
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ