ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

オカムラ、自動搬送型荷物保管システム「BAGGAGE KEEPER」を開発

荷物預かり業務の省人化を実現

2019年10月25日、株式会社オカムラは、スーツケースなどの重く大きな荷物を効率的に収納し、無人受付で荷物預かり業務の省人化を実現する自動搬送型荷物保管システム「BAGGAGE KEEPER(バゲッジ キーパー)」(以下、同システム)を開発し、2020年春に発売を開始すると発表した。
インバウンドが増加するに伴い、重く大きな荷物を持った旅行者が増えている一方で、バスターミナルなどのパブリック空間では、コインロッカーや荷物預かり所などが不足し、ホテルや国際展示場などでは荷物預かり業務の負荷が増えるとともに人手不足も課題となっている。
このようななか、同社は、スーツケースなどの荷物を効率的に収納し、荷物預かり業務の省人化を実現する同システムを開発した。

自動搬送型荷物保管システム「BAGGAGE KEEPER」の概要

同システムは、同社の金融機関向け全自動貸金庫システムや物流倉庫における荷物の収納・搬送技術を応用したもので、利用者が預けた荷物を収納ボックスに入れて、搬送機が手が届かない高さにも荷物を収納できるラックへ自動搬送する。このため、収納効率に優れており、同じ床面積のコインロッカーと比較すると収納量は約1.4倍とのこと。
また、荷物の預け入れ・取り出しの際には、時間帯を問わず利用者がタッチパネルを操作するだけなので、荷物預かり業務の省人化が図られる。
なお、荷物の出し入れ口を最適な高さ位置に集約し、荷物は出し入れ口まで自動搬送されるため、コインロッカーのように利用者が重い荷物を高い場所へ持ち上げたり下ろしたりする必要がない。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

オカムラ ニュースリリース
http://www.okamura.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ