ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

電界共振結合により95mmの距離で4.7kWの電力のワイヤレス電力伝送に成功

金属異物を加熱しない電界方式の特徴を活用

2020年1月27日、古河電気工業株式会社は、自動車・エレクトロニクス研究所で開発している電界共振結合方式(以下、同方式)を用いて、95㎜の距離で、13.56MHzで4.7kWの電力をワイヤレス電力伝送することに、世界で初めて成功したと発表した。
同方式は、軽量で金属異物を加熱しない特長がある。このため、電線・ケーブルを介さずに、次世代の電動小型モビリティ・ロボットや無人搬送車などへ電力を伝送するワイヤレス給電への応用が期待される。

大電力を高い効率でワイヤレス伝送

ワイヤレス電力伝送にはいくつかの方法があるが、同方式では、原理的に大電力の伝送には不向きとされていた。
このようななか、同社は、共振用電極板・共振用小型コイル・シールドケースで構成した電力の送受電部「カプラ」の構造を見直すことにより、高い効率で大電力を送ることに成功した。
同社は、今後も、カプラの更なる小型化・高効率化・大出力化に取り組むとともに、盛んに検討されているGaN(窒化ガリウム)デバイスを用いた高周波電源の開発にも取り組み、2025年頃の実用化を目指すとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

古河電気工業株式会社 ニュースリリース
https://www.furukawa.co.jp/release/2020/kenkai_200127.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS