ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ANA、羽田空港において大型自動運転バス実用化に向けた実証実験を実施

Simple & Smartな空港オペレーションを実現

2020年1月22日、全日本空輸株式会社(以下、ANA)は、SBドライブ株式会社(以下、SBドライブ)、先進モビリティ株式会社(以下、先進モビリティ)、およびビーワイディージャパン株式会社(以下、ビーワイディージャパン)の協力のもと、羽田空港の制限区域内において「大型自動運転バスの実用化」に向けた実証実験を、2020年1月22日から31日までの間実施すると発表した。
ANAでは、空港で自動運転バスを導入するための取り組みを2018年2月に羽田空港新整備地区で開始し、2019年1月に同空港制限区域内で実証実験を重ねてきた。
このたびの実証実験(以下、同実証実験)では、実際のオペレーションを想定した走行ルートや大型車両を選定し、技術面・運用面の具体的な課題を抽出して、自動運転技術の実用化につなげていくとしている。

実証実験の概要

同実証実験では、先進モビリティがビーワイディージャパンの57人乗り大型EVバス「K9RA」をベースに改造した自動運転バス(以下、同車両)を使用して、羽田空港第2ターミナルの制限区域内 北乗降場から、65番スポット付近、北乗降場までをつなぐ1周約1.9kmのルートにおいて実施する。
なお、航空業界全体の喫緊の課題であるCO2排出量の削減にも貢献するため、同実証実験より電気バスを導入しており、同車両には、自動操舵装置・EBS(Electronic Brake System)・GNSS受信機・ジャイロセンサ・各種センサ・走行制御コンピュータ・認識処理コンピュータを搭載している。
また、SBドライブは、同車両と、SBドライブが提供している自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を連携させ、バスの遠隔監視を行う。

今後の展開

同実証実験結果を評価・分析し、抽出された課題へ対応するとともに、乗客の乗り継ぎの利便性向上や、空港従業員の移動の効率化を目的とした試験運用(自動運転レベル3)を2020年内にスタートする。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

全日本空輸株式会社 プレスリリース
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202001/20200122.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS