ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

AI顔認識技術FaceMe(R)になりすまし防止機能追加

「FaceMe(R)」最新版リリース

2019年7月31日、台湾の台北に拠点を置くサイバーリンク社は、 AI顔認識ソフトウェア開発キット「FaceMe(R)」最新版のリリースを発表した。

ディープラーニング技術を用い、モバイルバンキングやセキュリティ認証で需要が高い「なりすまし」防止機能や、データベース登録時等を想定した「画像品質チェック」機能等を新たに搭載した。

リアルタイムAI顔認識エンジン

AI顔認識ソフトウェア開発キット「FaceMe(R)」は、2018年10月にサイバーリンク社が提供開始したリアルタイムAI顔認識エンジンである。

主な機能は、「顔検出」、「顔特徴点検出」、「顔認識」、「顔表情分析」の4点だ。広範囲の認識が可能で、角度のついた顔でも認識でき、本人識別率が98.5%という認識精度と、0.2秒以下の認識速度を誇る。

注目の新機能

今回発表された新機能は、「2D Anti-Spoofing」のサポートにより、通常のカメラでも高いセキュリティレベルの本人認証を提供することが可能となった。特定の人物のみに入室許可を与える場合等のドアセキュリティ、モバイル端末によるアクセスコントロール等に使用できる。

ほかには、サーバー構築およびアプリケーション開発工数の大幅短縮、登録時に画像の品質をチェックし、登録後の顔認識精度に関する問題をあらかじめ回避する機能、顔属性分析(年齢、性別、感情、頭の状態等)機能サポートに加え、多種多様なフォーマットに対応したテスト環境を提供する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

サイバーリンク社
https://jp.cyberlink.com/jpn/press_room/view_4515.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ