ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヒースロー空港 廃棄物を再利用するリサイクルの新しい試み開始

最大5,000トンの廃棄物を節約

イギリス最大の空港であるヒースロー空港(ロンドン)は2019年9月20日(金)に、空港と航空機から、廃棄物問題の解決に役立つ新しいリサイクル方法をイギリスで初めて導入すると発表した。
現在、ヒースロー空港は、空港と飛行機から出る廃棄物の約50%をリサイクルしている。
今回のリサイクル方法が成功すれば、プラスチック廃棄物をすべてリサイクルできることが可能になる。
新しいリサイクル方法を使用することで、廃棄物を精製し収集されるオイルから再生可能な水素を利用する。
その結果、家具や制服などの低炭素製品に作り変えることができる。
この画期的なリサイクル研究は、ロンドン大学と(以下 UCL)とシェフィールドを拠点とするCatalによって実用化される。
UCLとCatalは、ヒースロー空港のイノベーション・プライズを受賞している。

地球に優しい、空港を目指して

現在、ヒースロー空港の乗客のみで、毎年約600万トンの廃棄物が発生している。
ゴミの大部分は、適切に処理されず、リサイクルできていないのが現状。埋め立て又は焼却されている。
新しいリサイクル方法がヒースロー空港だけでなく、航空業界全体に広まることが望ましいといえる。
2019年の秋、研究開発を支援していくため、ヒースロー空港は、研究者に30,000ポンドを授与することを予定している。
そして、2025年までに、CatalとUCLは、商業ユニットを他の空港に展開することを計画してる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヒースロー空港
https://mediacentre.heathrow.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ