ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

カメラ1つで人間の骨格を3D解析するAI骨格検出システムを新発売

カメラ1つで人間の骨格を3D骨格検出

2019年9月9日、株式会社ネクストシステムは、WEBカメラ1つで人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D(以下、同システム)」を、販売開始したと発表した。
同社は、WEBカメラ2つを利用して3D骨格検出をする製品VisionPose(Standard)を提供してきたが、カメラ1つで検出可能となるとともに、Windows Unity向けのSDKを追加したことで、ゲームやVR・ARを開発する際にも利用しやすくなったとのこと。

VisionPose Single3Dの概要

同システムは、高価な機器を用いることなく、モーションキャプチャが可能で、カメラ1台で骨格の17キーポイントを3D座標で検出できるため、奥行きと検出箇所の詳細情報で、モーションキャプチャをする際の表現の幅が増える。
また、カメラ1台なのでキャリブレーションの必要がなく、オプションで測定箇所の追加が可能だ。
さらに、購入後すぐに利用できる骨格可視化アプリ『BodyAndColor with MICHICO』が同梱されている。同アプリは、カメラ映像からリアルタイムに人物の骨格を可視化し、3Dキャラクターを動かせるサンプルアプリで、特別なデバイスを一切装着せず、手軽に体の動きを3Dキャラクターへ反映できる。
(画像はネクストシステム リリースより)

▼外部リンク

ネクストシステム リリース
https://www.next-system.com/topics/release/post=4186

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ