ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

スタディーハッカー 最先端のスピーキング能力評価ツール提供

スピーキング能力評価ツールを提供

株式会社スタディーハッカー(以下、スタディーハッカー)は、最先端AI技術を採用したスピーキング能力評価ツールの提供を開始したことを発表した。2019年12月17日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされた。
スタディーハッカーは、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」と英語学習コーチングサービス「THE CONSULTANT」を運営している。同ツールでは、「パターンプラクティス」および「音読」に対し、最先端AI技術によるアセスメントを行う。
同ツールは、アイード株式会社(以下、アイード)の多次元スピーキング評価AI技術である、“CHIVOXセンテンスカーネル”と“CHIVOXパラグラフカーネル”を活用し運用している。

世界的に高い評価を得ている“CHIVOX”

アイードの“CHIVOX”は、世界各国の1,000社を超える製品に採用されており、世界的に高い評価を得ているシステムである。特に中国でのシェア率が高く、毎月のスピーキング能力評価は6億回以上/月になるという。日本においても、英語学習教材への採用が多いシステムだ。
スタディーハッカーは、時短型英語学習トレーニングを得意としており、これまでに8,000名以上の英語力向上に貢献してきた。同トレーニングは、「第二言語習得研究」(SLA)に基づく理論により進められている。

「パターンプラクティス」と「音読」

スタディーハッカーでは、同評価ツールの導入により、スピーキングアセスメントの効率アップが見込めるとしている。同ツールは、発話内容のうち「パターンプラクティス」および「音読」を評価の対象としたものだ。
「パターンプラクティス」は、第二言語習得に効果があるとされており、評価には「CHIVOXセンテンスカーネル」を用いる。
「音読」は、正しい発音の習得に留まらず、語彙・文法・リーディングとリスニング理解のスピード向上に役立つとされているもので、「CHIVOXパラグラフカーネル」によって評価が行われる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS