ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEC、IoTを活用しJALの空港業務効率化に向けた実証実験を実施

空港の屋内外においてIoTを活用し空港業務を効率化

2019年9月26日、日本電気株式会社(以下、NEC)は、日本航空株式会社(以下、JAL)の空港業務効率化に向けて、羽田空港(東京国際空港)の屋内外において、IoT(Internet of Things)の有効性を検証する実証実験を、2019年7月~8月に実施したと発表した。
JALグループは、新技術により品質と生産性を向上する取り組みの1つとして、空港の屋内外においてIoTを活用する検討を進めている。
このようななか、デバイスを設置する設備の制約や広大な業務エリアに対応したIoTの有効性を検証する実証実験を行った。

IoTの有効性を検証する実証実験の概要

荷物コンテナ運搬車は、広大な空港内の様々なエリアを移動し、限られた台数で必要なタイミングに的確な場所へ配置することが重要だ。
このため、同実証実験では、運搬車にGPSデバイスを取り付けてLoRaWANのネットワークを構築することで、2セットのLoRaゲートウェイで羽田空港屋外のほぼ全てのエリアをカバーし、運搬車の位置をリアルタイムに把握できることを確認した。
また、ベテラン整備士から若手へのノウハウ継承や作業効率化を促進するために、整備士の動線を把握することが大事だ。そこで、JALとNECの担当者が整備士を想定してBLEデバイスを装着し、BLEネットワークを構築したツールルーム、格納庫や事務所において実験を行った。
この結果、航空機や作業用足場などに電波が反射して干渉しやすい環境においても、動線を把握できることを確認した。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NEC ニュースリリース
https://jpn.nec.com/press/201909/20190926_01.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ