ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大成建設、コンクリート吹付作業の遠隔操作技術を開発

山岳トンネル工事で吹付作業の安全性を向上し環境を改善

2019年7月17日、大成建設株式会社は、山岳トンネル工事において、切羽(掘削面)でのコンクリート吹付作業に使用する遠隔操作技術「T-iROBO Remote Shotcreting」(以下、同装置)を開発したと発表した。

山岳トンネル工事のコンクリート吹付作業において、従来の方法では、吹付機の操作者が切羽への吹付仕上りの状況を目視で確認しながら、吹付機をリモコンで操作するため、切羽近くに立っていた。

このため、操作者には、土砂が切羽から崩落することや吹付材が跳ね返る等の危険性があるうえに、コンクリート吹付で発生する粉塵のために作業効率が低下するなどの問題があった。

このようななか、作業の安全性を向上し環境の改善を図るため、2016年に開発した遠隔操作システム「T-iROBO Remote Viewer」(以下、同システム)を応用して同装置を開発した。

なお、同システムでは、2台の魚眼カメラで取得した超広角映像を、安全な操縦場所においてHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に表示させることで、重機の周囲状況を容易に把握できる。

「T-iROBO Remote Shotcreting」の概要

同装置は、HMD・魚眼レンズ付きカメラ2台・カメラボックス・カメラボックスが移動可能な走行レールとLED投光器で構成されている。

同装置を活用することで、吹付機操作者は、切羽から十分離れた位置において、切羽近くに居るような感覚を持って、座った姿勢で遠隔操作により吹付作業を実施することが可能だ。このため、操作者の身体的負担が軽減されるうえに、安全かつ効率的に吹付作業を行える。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大成建設 ニュースリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190717_4674.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ