ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

IIJ、農業経営体向け水田水管理IoTシステムの販売を開始

ICT技術を活用する「スマート農業」を普及させる取り組み

2019年12月25日、株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、水田の水管理を省力化する水田水管理IoTシステム(以下、同システム)を開発し、主に大規模な水田を保有する農家や農業共同経営体(JA)を対象に販売を開始すると発表した。

少子高齢化が進展し労働者人口が減少するに伴い、農業においては、平均就農年齢が超える一方で、経営の大規模化、農作業の効率化、省力化が大きな課題となっている。

このようななか、2019年から「スマート農業加速化実証プロジェクト」が始まるなど、先端技術を活用した官民一体の取り組みが進んでいる。

また、IIJは、2017年から、水田の水管理の省力化を可能とする低コストなICT水管理システムの開発を進めており、静岡県磐田市と袋井市における3年間の実証実験を経て、長距離(約1~2km)通信が可能で免許が不要な無線方式LoRaWANに対応した安価な水田センサーを開発した。

水田水管理IoTシステムの概要

同システムには、水田の水位と水温を測定するLoRaWAN対応のIoTセンサー10台、センサーからデータを収集しクラウドに送信する無線基地局1台、スマートフォンでデータを閲覧するための専用アプリおよびセンサーとデータを集積するクラウド間の通信料3年分が含まれている。

同システムを利用することで、自宅にいながらスマートフォンで圃場の状況を把握でき、水田の水管理にかかる労働負荷が大幅に軽減される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社インターネットイニシアティブ プレスリリース
https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2019/1225.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS