ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

新しいタンパク質解析法の開発に成功

核磁気共鳴(NMR)を利用

2020年1月31日、東京工業大学情報理工学院、理化学研究所、の共同研究グループは、核磁気共鳴(NMR)を利用した新しいタンパク質解析方法の開発に成功したと発表した。
従来は、NMR信号が重なることが多く、タンパク質の構造解析に時間がかかっていたが、信号を分離することに成功したため解析が効率的に進むようになる。

核磁気共鳴を利用した解析方法

NMR法は、強磁場中の原子核に電磁波を照射すると、原子の配置位置により観測される核磁気共鳴現象を応用したものである。
この方法を用いることにより、アミノ酸が重なって構成されたタンパク質の構造や動きの解析をすることが可能となるが、タンパク質中の原子を直接観察できる利点があるため、解析に有効とされる。
なお、解析の障害となっていた観測信号が重なりが分離できたため理想に近い形になっている。

タンパク質は生命科学にとって重要

アミノ酸とタンパク質は、世の中にたくさん存在するが全て解析できる訳ではなかった。
今回開発された手法により、解析可能なタンパク質が増えるが、生命科学の基礎研究や医薬品の開発にも役立てられることが期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京工業大学
https://www.titech.ac.jp/news/2020/046160.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ