ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

近鉄、新型軌道検測装置を導入して鉄道メンテナンス業務を効率化

鉄道事業の安全安心を支える鉄道メンテナンス業務

2019年6月21日、近畿日本鉄道株式会社(以下、近鉄)は、高頻度に線路の状態を検測できる新型軌道検測装置(以下、同装置)を導入し、線路点検の効率化を図ると発表した。

少子高齢化が進展し、労働人口の減少が懸念されるなか、近鉄は、最新技術を用いて鉄道事業の安全安心を支えるメンテナンス業務の効率化と生産性向上に取り組むとしている。

新型軌道検測装置の概要

同装置は、レールにレーザーを照射して線路のゆがみを検測するとともに、無線によってリアルタイムに検測データを本社サーバーに伝送して解析する。

同装置は、営業車両1編成(2両)の床下に搭載され、営業列車の運行中に無人で検測できるため、高頻度により高いレベルで線路の状態を把握できるうえに、検測作業の省力化を図ることができる。

なお、同装置で検束できる項目は、軌間(左右レール間の幅)、水準(左右レールの高さの差)、通り(レール長さ方向の左右のゆがみ)、高低(レール長さ方向の高さのゆがみ)、平面性(2点間の水準の差)である。

既存の営業列車で軌道検測を行う取り組みは、JRを除く鉄道事業者では初めてとのことで、今後は、大阪線や名古屋線等を順次走行させてデータを収集するとともに、2020年度を目途に、搭載編成をさらに1編成追加する予定としている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

近鉄 ニュースリリース
https://www.kintetsu.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ