ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

川崎重工、中型タンカー向け「LNG二元燃料システム」を新開発

国際海事機関(IMO)による各種排ガス規制が強化

2019年12月25日、川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)は、中型タンカー向けに液化天然ガス(LNG)を燃料とする「LNG二元燃料システム」(以下、同システム)を開発し、同システムを採用した住友重機械マリンエンジニアリング株式会社(以下、住友重機械マリン)製の中型オイルタンカー(以下、同オイルタンカー)が、ロイド船級協会(Lloyd’s Register)から設計基本承認(AiP:Approval in Principle)を取得したと発表した。

地球温暖化防止への取り組みの一環として、国際海事機関(IMO)による各種排ガス規制強化などが進むに伴い、LNGなどのクリーンな燃料の利用が普及しつつある。

このようななか、川崎重工は、LNG燃料推進の自動車運搬船、LNGバンカリング船、LNG燃料推進船などの開発で得た豊富なLNG関連の応用技術を有している。

「LNG二元燃料システム」の概要

同オイルタンカーは、LNG燃料タンクの搭載場所などを工夫することで、カーゴタンク容積を減らすことなくLNGと重油の二元燃料を補給・使用できるようにしてある。

また、川崎重工は、LNG燃料を使用する場合に適合が求められるIGFコードおよび船級規則に基づき、LNG燃料供給システム、LNG燃料タンクおよびLNG燃料を使用する上で必要な安全対策などの技術検討を行い、これまでの実績をもとに、住友重機械マリンのAiP取得をサポートした。
(画像は川崎重工業株式会社公式ホームページより)

▼外部リンク

川崎重工業株式会社 プレスリリース
https://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/lng.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ